RO Water

水道水の有害物質と水質基準

 水道水の水は,皆さんが知っているように,殺菌力に優れた”塩素”を使用する方法が主流です。もちろん,塩素(Cl)をそのまま使っているのではなく,塩素を含む薬剤を水に添加しています。しかし,殺菌後も水の中に残ってしまうものがあります。それを残留演奏といいます。

述の遊離残留塩素の場合、上水道から提供される水の残留塩素の最低基準値は0.1ppm(0.1mg/L)とされています。これは水道網の末端に位置する消費地においても水の安全性を確保するために満たさなければいけない最低限の基準値です。上限値としては目標で1ppm(1mg/L)とされています。これはあくまで目標値であるため、浄水場に近い場所ほど残留塩素の濃度は高くなる傾向があります。浄水場の場所まで確認して引っ越し場所を選ぶほど意識の高い方はまれでしょうが、もし新居に移った途端アトピーや喘息が出てきた、などという時は近所に浄水場がないか調べてみるといいかもしれません。

http://standard-project.net/water/columns/potential-harm.htmlより引用転載

トリハロメタンとは?

トリハロメタンとは、水に含まれる有機物と消毒に使われる塩素が化学反応を起こして生成されてしまう発がん性物質です。

トリハロメタンは、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムという有害物質の総称で、水道局の水道水質基準では、0.1mg/L(0.1ppm)以下となっています。日本の水道水は塩素の殺菌作用を重視していることもあり世界基準と比べても厳しい基準値を設定しています。

摂取し続けるリスクとしては残留塩素と同じく健康状態への影響(アトピー性皮膚炎の悪化、喘息の悪化、内蔵や中枢神経への悪影響、流産へのリスクなど)や、発がん性、催奇形性(奇形を誘発させる性質)の危険もはらんでおり、肝障害、腎障害などを誘発させる成分を含んでいます。その他にも、中枢神経にも悪影響を与える可能性があることがわかってきています。

http://standard-project.net/water/columns/potential-harm.htmlより引用転載

当院の水

TDSメーターにて水道水中の不純物を検出。通常,水道水の全国平均値は100ppmといわれていますが,当院の水道水は,24ppmでした。高崎市の水は不純物が少ないのでしょうか?(水道管の種類も大きく関係します)

機器設置後の計測では,0ppmでした。不純物がすべて取り除かれたことを意味しています。これが純水(RO水)です。これを診療に使用しています。もちろん,飲んでも安全です。

ちなみに,お店で売っている水をTDSメーターで計測すると,65ppmでした。


私がすすめるミネラルウォーター(エアー)

  私が,今の時代のように宅配のミネラルウォーターがブームになる以前(多分200年くらい)から,

 存在していた会社で,多くのメーカーの水のように,煮沸消毒した水ではありません。

https://www.hakojimayuusuiea.jp/