破折歯、穿孔修復

症例1 下顎右側第一大臼歯

他院で抜歯と診断された症例です。友人の歯科医師の紹介で遠方から通院されました。初診時(左図)には、楔印で示すように、歯の根の先に黒い影が明瞭に写っています。が治療開始から8ケ月後(右図)では、黒い影は消えたり縮小しています。

歯の根の先の黒い影も消え(左図)、(手前は完全に消えていないが、完全な縮小傾向と症状がない)たので、クラウンを装着するための型採りをします。

右図の楔印は破折線です。破折線は特殊な方法で修復しています。

治療期間:約1年

治療回数:10回(1回/月)

治療費:29万円(根管治療+支台築造+セラミックス・クラウン)※毎回の処置料は別途


症例2 下顎左側第一大臼歯

破折歯&根管治療

治療期間:約6ケ月

治療回数:6回(1回/月)

治療費:29万円(根管治療+支台築造+セラミックス・クラウン)※毎回の処置料は別途

 


症例3 下顎右側第一大臼歯

穿孔修復

”穿孔”とは、簡単に言えば、歯の中に異常な”穴”が開いていることです。通常なら明らかに抜歯と診断されても不思議ではない症例ですが、時間をかけて修復しました。奥は他院で行ったインプラントですが、問題なく機能しています。

治療期間:約6ケ月

治療回数:11回(1回/月)

治療費:30万円(穿孔修復+根管治療+支台築造+セラミックス・クラウン)※毎回の処置料は別途