舌側矯正

歯の表でなく、 に矯正装置を装着する方法 です。

What?

舌側矯正は,日本の方には人気がある方法です。
当院では、ハーフ・リンガルという、上顎は裏側、下顎は表(唇)側という装置が最も人気があり、これを選択する女性の患者さんが多いです。これですと、下の装置は唇に隠れてあまりみえませんし、上は歯の裏側につける装置ですので、まったく見えません。
上下を裏にすることも可能ですが、上を裏、下を表にすることによって、治療費も安くなります。
ご自分のライフスタイルに合わせて考えることができます。   
※適応がありますので、必ず医院で診断を受けて下さい。


Dr.上條幸一郎

 

Koichiro Kamijo

本来歯には、力を加えられると力が加えられた方向に移動する性質があります。その性質を利用して、適合する矯正装置を装着、歯に一定の力を持続的にかけて少しずつ動かし、悪い歯並びや噛み合わせ、いわゆる不正咬合を治すのが歯列矯正です。
矯正治療には、非常に御大きく分けて、成人前の矯正治療と成人後の矯正治療があり、目的も方法も大きく異なります。
ところで・・・
矯正治療をすると、しっかり噛めるようになる・・・。これは本当でしょうか?
歯並びの程度もありますが、 成人矯正のほとんどは、矯正治療だけではしっかりと噛む(咬合)するということは不可能です。
何故かというと、成人の場合は、それまでの不正咬合によって、異常に摩耗(正しくは咬耗)した歯が多く存在します。また、虫歯などで補綴(クラウンなどをかぶせること)された歯も多く存在することが多くあります。
それらは、矯正治療して、歯の根(歯根)を動かしても、摩耗した部分や削った部分は回復しないからです。簡単に言えば、歯の並びは治るかもしれませんが、噛みあわせは矯正だけでは治らないというのが当院の考え方です。
成人矯正の場合は、歯根のポジションを移動するという考え方につきるということになります。
また、それでは治療として不完全なので、その後に補綴治療を行うことによって、噛めるという状態になるということになります。
ちなみに、矯正治療はミリ単位、補綴治療はミクロン単位の治療で、矯正医も補綴医も双方の治療について、理解をしている必要があります。