虫歯治療ではない。根管(こんかん)治療。

根の中からの膿の排出

患者さんは何度説明しても虫歯の治療,虫歯の治療と思っていますが,これは根管治療です。上顎第一大臼歯の3本の主たる根管(神経や血管の入っていた管)を神経を取った後に感染を起こし,再治療の際,3本中の2本の管から大量の膿が排出してきた瞬間です。


神経を取った歯は痛みが出ない?

神経を除去した後でも,その後の処置がしっかりしていないと,管の中に細菌が繁殖し,骨の中に炎症を起こした結果,このように膿が溜り,激痛が生じます。

爪を車のドアで挟んだことがありますか?

爪は硬い組織です。ゆえに,詰めの内部で内出血を起こしても,腫れるに腫れられません。ですので,爪に注射針などで穴をあけ,内圧を開放してあげることによって,痛みから解放されます。私自身,体験もしており,痛みが強すぎて,深夜に親指の周囲に麻酔をしたことがあります。歯の根の中の細菌感染によって生じる痛みもまったく同様の理由です。

水道の蛇口を開栓し,そのにつないだホースの尖端を縛っておくとどうなるか?

当然ながら,中古のホースでどこかに劣化があれば,そこから水は漏れます。新品ならば,漏れることろがなくて,ホースは,壊れるまでパンパンに膨らむでしょう。この動画はホースの蛇口を開放してあげた状態です。これで,痛みは徐々におさまります。対処療法としては抗生物質を投与することもありますが,レーザーを当ててもよくはなりません。


うがいはダメ??

根管治療を専門としている歯科医の中には、治療中のうがいはダメ!とうたっている先生もおりますが、当院ではそれほど、厳密に禁じてはいません。治療中に造影剤を挿入してCTやレントゲン撮影することもあります。日本では、X線撮影室以外でのレントゲン撮影は基本的に禁じられていますので、唾液を根管内に入れないためには、ラバーダムをしながらX線撮影室に行くことになります。(在宅診療は別)患者さんは、よだれが垂れたりするので、決して快適ではないでしょう。また、治療中に咳がでたりすることもしばしばです。そういうことが生じるのも、また、臨床です。確かにアメリカでの治療見学の時は、患者さんは、ほとんど、うがいをしないですが、うがい好きな日本人には、ほぼ無理だと思います。したがって、当院では、根管内に唾液が入らないよう、工夫して、軽くうがいをしてもらったり、治療中にX線撮影室でレントゲン撮影をするようにしています。