審美

この症例は、再根管治療後の補綴ですが、前処置として、2本の前歯の歯根相当部に結合組織を移植しています。術前に比べると歯肉がきれいになっています。また、移植することで、黒っぽい歯根の色を隠しています。絶対必要な治療ではないかもしれませんが、このようにすることで、より、レベルの高い治療結果を得ることができます。歯肉を漂白しただけでは、このような症例はきれいにはなりません。また、セラミックスのクラウンを入れ替えるだけでは、このような結果は得られません。

術前

術後


審美歯科とは?

”歯が変われば気持が変わる 気持が変われば行動が変わる                                                行動が変われば人生が変わる”

「明眸皓歯」とは、美女の形容で、白く美しい歯並びの意味です。
辞書を引くと、美しく澄んだ目もとと、白く美しい歯並びの意から。非業の死を遂げた楊貴妃をしのんで、唐の詩人杜甫が作った詩の語で、もとは楊貴妃の美貌を形容した語。▽「眸」は瞳のこと。「皓」は白くきれいなこと。と書いてあります。
口元がきれいになると自信がでてきます。
「気持が変われば行動が変わる 行動が変われば生活が変わる 生活が変われば人生が変わる」 という言葉がありますが・・・
少し、言葉を入れ替えてみると・・・
”歯が変われば気持が変わる 気持が変われば行動が変わる 行動が変われば人生が変わる”
といえるのではないでしょうか?
審美歯科とは、綺麗な歯並び・白い歯はバランスのとれた口元を作り出し、自信を持った明るい性格を導き、周りの人に清潔感を感じさせ生き生きとした生活ができるようになります。