歯肉圧排の重要性

左 :歯の根元に生じた虫歯です。(茶色の部分)この状態では、どこまでが歯なのか歯肉に覆われていてわかりません。

   通常、このままプラスティックを充填してしまうことが多いようです。

中央:歯と歯肉の境目に、圧排糸を挿入(麻酔をしてあります)します。※治療後、もちろん、圧排糸は除去します。

右図:圧排糸の効果で、歯の全面が見えてきました。左図に比べると、虫歯を除去したり、プラスティックを充填する範囲が

   極端に違ってくることがわかります。

虫歯を丁寧に除去すると、かなり深い場所まで虫歯があることがわかります。

虫歯を完全に除去し、接着操作のために酸で歯面を処理します。

特殊なセメントをキャリアし、象牙質に緊密な絆創膏を貼ります。(周囲の象牙質の耐酸性が向上する効果もあります)

この症例の場合、欠損部にグラスファイバーのポストをたてました。(縦方向の力に耐えるため)

プラスティックを充填して完了です。

非齲蝕性歯頚部歯質欠損(NCCL)