インプラントとは

入れ歯やブリッジを卒業したい

人前で入れ歯を外すのは嫌だ

ブリッジの下に食べかすが挟まって臭い

歯があることは認知症の予防にもつながる

入れ歯を外した時の顔を見られたくない

人前で話す事が多いので入れ歯は嫌だ

×インプラントにすれば,一生大丈夫(これは間違いです)

人工の歯根となるインプラントはチタン製です。チタンは骨と結合する特性をもっています。また、地球上で最もアレルギーの少ない金属と言われており、金属アレルギーの方でも特殊な場合を除き、使用していただけます。
顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療は、ぐらついたりせず、取り外して洗う必要もないので、入れ歯などと比べてもメンテナンス面で優れています。天然の歯と変わらない感覚で噛むことができ、自然で美しい歯を手に入れることができる、それがインプラント治療なのです。

よく勘違いされる患者インプラントをしたからといって,永遠に歯が存在するわけではありません。

全てが無機質のものですから,細菌によって虫歯になることは,有りえないです。

しかし,”歯”という形ができる以上,歯周病にはなります。歯周病に罹患しうないのは,無歯顎(総入れ歯)の方だけです。

もっと難しく専門的な事を知りたい場合は,他のホームページやネットで検索してください。

前歯にも対応

前歯のインプラントは非常に難易度が高いとされています。

SMILE Technique

抜歯と同時にインプラント~仮歯まで入れる方法です。当院の得意分野の1つです。

顎の骨が無い場合でも大丈夫

上顎の小臼歯~大臼歯は,骨の上に”上顎洞”という空洞があり,そこまでの骨の高さが不足し,インプラントが入れられないといわれる場合があります。そのような症例でも,”上顎洞挙上術”にて対応可能です。