医療法人こたけ会 武井歯科クリニック 公式WEBサイト

医院理念・こたけ会宣言


医院理念(2015年5月改定)

 “キチンとした事をやりたい。“それが,顕微鏡との出会いになりました。
  
1. “キチンとしたこと”をやることを目指します。
   そのために,時代や人に迎合しない“強い意志”を持てる歯科医療を目指します。

2. 全スタッフに“生き抜く力を身につける“ ように教育します。

3. 歯を抜かないようにできる方法を常に考え,そのために新しい材料,薬剤に対しても常に情報を得,
   勉強して,患者さんに還元できるようにしていきます。

4. 顕微鏡を使用した治療の“真義”を歯科医師,歯科衛生士さん,歯科技工士さん,患者さんに普及すべく
   不断の努力をします。

5. 歯科治療(歯科技工・歯科衛生士業務・歯科助手業務)が,国民の皆様の健康を守る上で,非常に重要な
   職種であり,また,夢と希望のある職業であることを現状よりさらに深く認知していただくために,努力し 
   ます。

こたけ会 宣言

一. 人をいたわります
二. ありがとう,ごめんなさいを言います
三. 我慢をします
四. 卑怯なふるまいをしません
五. 日本を誇り,年上を敬います
六. 夢に向かって頑張ります
七. やってはならぬ やらねばならぬ ならぬことはならぬものです

                            会津っ子 宣言より引用
最新設備の完備で安心・安全…
  • 設備のイメージ
  • 設備のイメージ
  • 設備のイメージ

 ユニット7台,歯科用顕微鏡5台,歯科用CT,パノラマ,デンタルなどのX線器機はすべてデジタル完備。また,顕微鏡1台だけでは,予約以外の急な患者さんが来院された時や歯科衛生士さんがメインテナンスに使っている時に歯科医師が使えなかったりという不具合が生じます。複数台の顕微鏡を備えることで,どのようなシュチュエーションであっても,顕微鏡を使えることができる環境があることは,医院にとっても,患者さんにとっても,大きなメリットです。
 なお,顕微鏡歯科においては、根管治療,歯の破折の修復治療,歯周治療、歯周外科治療,インプラント,補綴、親不知の抜歯などのあらゆる分野に毎日使用しています。顕微鏡を使わないとダメなのではなく,1本の歯の大きさや,その内部の小ささ(複雑さ)を考えると,どうしても歯科治療においては、顕微鏡を使用した方が正確で確実な診断や治療ができることが多く、それを必ずや患者さんに還元できると思っています。。(2014)

詳細はこちら
群馬県内でトップクラスの経験と実績…
  • 実績のイメージ
  • 実績のイメージ
  • 実績のイメージ

学会で発表させていただけることもあります。頂いた修了証は,様々な勉強会に参加した思い出です。

詳細はこちら
説明と「理解」と同意を重視しています。
  • 説明と「理解」と同意のイメージ
  • 説明と「理解」と同意のイメージ
  • 説明と「理解」と同意のイメージ


インフォームド・コンセントという言葉は、一般的に「説明と同意」と理解されていますが、
日本の実際の医療現場では、
事務的なやりとりに終わってしまっていることが多いと感じられます。

歯科医師や歯科衛生士から説明を受け、サイン(押印)をしたとしても
それは、理解があってのことなのでしょうか?
「先生が言ったから抜歯したけど、本当に抜歯する必要があったのだろうか?」
そのように思われる場面も少なくありません。
 特に歯科の場合は、
見えない部分が多くあり、見ていただければ、納得していただける事も多くあると
思いますが、理解をしていないのに、治療を受けている患者さんが多いのも事実です。

様々な誤解を招く1つの理由も、「見えていない」ことによります。

これは、治療を受ける患者さんのみならず、治療をする側もストレスになります。

当院では患者様がこれから行う治療内容をしっかり理解できるまで
ご説明させて頂いてから治療に入る 説明理解同意 をモットーとしています。



○ 矯正専門医」 と「歯科麻酔専門医」と連携した治療を行っています。

   矯正専門医は、上條幸一郎 先生(松本歯科大学卒、日本大学大学院卒 歯科矯正学専攻)

   歯科麻酔医は、中島慶治 先生(北海道大学卒 東京大学病院顎口腔外科)

  矯正治療は見た目の歯並びを治すだけではありません。個々の歯の位置は、全体的なかみ合わせを構築
  するのに、大変重要です。上條先生は、歯の裏に装置をつけ、見た目が目立たない装置を使っての治療も
  積極的に取り入れています。


  人工歯根(インプラント)埋入手術、親知らずの抜歯、歯周病手術などの歯科手術は一般的に、局所麻酔で行わ 
  れます。
  それにより、痛みはわずかですが意識がはっきりしているため、“音”や“振動”を感じます。その手術のの“音”や“振
  動”が不安や緊張につながります。
  不安や緊張はストレスとなり、心身に負担をかけ、自律神経のバランスをくずし気分が悪くなったり、手術後の痛み
  が強くなったりすることがあります。
   そのような患者さんの不安や緊張を取り除くために、中島先生には、、静脈内鎮静法という方法で麻酔をおこ
  なっていただいています。
    静脈内鎮静法は、全身麻酔ではありません。手術中は、ウトウトと眠っているような状態ですが、術後、患者さ
  んは何も覚えていません。


○ 当院の医療スタッフ(2016)

  院長  武井 則之   歯科医師 和田 裕一
  歯科医師 上條 幸一郎(矯正専門医)   歯科医師 中島 慶治(麻酔専門医)
  主任歯科衛生士 上田 こころ   歯科衛生士 野中 葵   歯科助手 大畠 智美
   
 

新着情報

一覧を見る

2016/05/01

5月(皐月)の休診日のお知らせ

*********************************************************************************

※5月1,8,12,15,19,22,26,29日が休診日です。
※5月2日(月)は臨時休診します。
※5月3日(火)は”憲法記念日”のため,休診します。
※5月4日(火)は”みどりの日”のため,休診します。
※5月5日(火)は”こどもの日”のため,休診します。
※5月28日(木)はセミナーのため,院長予約には制限があります。

※今月の矯正の診療日は5/25(水)です。

    ※本年はHPをリニューアル致します。ご期待下さい。

審美歯科サイト,インプラント・サイト,衛生用品専売サイトは閉鎖しました。

はじめて当院に来院される患者さんへ

,以下のアドレスから,
 動画をご覧になって下さい。
 ※ 再生速度が早いので,じっくりご覧になりたい方は一時停止されるか,
   再生速度を落としてください
 
      https://youtu.be/qRJaPaxs7Mc

*********************************************************************************
※当院の特徴

1.当院では,2000年から顕微鏡を使用して精密な治療を行っています。
  現在は,抜歯しないで残すことができる可能性をライフ・ワークとして追及し
  ています。詳細はお問い合わせ下さい。(担当医 院長)

2.抜歯したその日にインプラント~仮歯まで入る、抜歯即時埋入,即時プロビジョナル
  (SMILEテクニック)が可能です。(担当医 院長)※基本は前歯に限ります。

3.根面被覆(顕微鏡下)
  露出した歯の根を歯肉で覆って、元に戻す治療です。知覚過敏と診断され、
  歯の根元や露出した根にプラスティックを充填される前にご相談下さい。
  歯を削ったりする必要はありません。(担当医 院長)

4.舌側矯正 (担当 Dr.上條 矯正専門医)
  歯の表でなく、”裏”に矯正装置を装着する方法です。やはり、日本人には人気がある
  ようです。当院では,ハーフ・リンガルという,上顎は裏側,下顎は表(唇)側と
  いう装置が最も人気があり,これを選択する女性の患者さんが多いです。これです
  と,下の装置は唇に隠れてあまりみえませんし,上は歯の裏側につける装置ですの
  で,まったく見えません。上下を裏にすることも可能ですが,上を裏,下を表にするこ
  とによって,治療費も安くなります。ご自分のライフスタイルに合わせて考えることが
  できます。
  ※ 適応がありますので,必ず医院で診断を受けて下さい。

5.顕微鏡下根管治療
  (※群馬県内では当院が最も早くから顕微鏡治療を行っています。同じ顕微鏡を使っ
    ていたとしても,他院の根管治療とは一線を画します)
   当院の根管治療の方法は3つ。
   A.顕微鏡を使った拡大視野での通常の根管治療(担当:院長,一部担当Dr.和田)
   B.歯の破折やヒビ,穴などを塞ぐ特殊な根管治療(担当:院長)
   C.顕微鏡を使わない肉眼での保険の根管治療(担当:Dr.和田)
                  ※それぞれ,治療費が異なります。
6.審美精密補綴治療(顕微鏡下精密歯冠補綴)
  顕微鏡下での拡大された視野での虫歯の除去や歯を削ることは肉眼はもっての
  ほか,拡大鏡(ルーペ)でも大きく異なります。その結果,歯肉を傷つけなか
  ったり,神経を除去しなくてもよかったり,歯を抜かなくてもよかったりとい
  うメリットが沢山でてきます。セラミックスにも種類が様々です。その様々な
  種類のマテリアル(材料)を様々な状態の異なる歯を考えてチョイスするの
  が,我々,歯科医師の仕事です。当院では,患者さんの要望に対し,それを鵜
  呑みにして聞き入れることはありません。材料によって歯を削る量も変わって
  きます。セラミックスの歯も,歯や歯肉に対する最適なものを選択できなけれ
  ば,患者さんが思った結果はでません。この歯や歯肉や噛み合わせはこうだか
  ら,Aというセラミックス,この歯や歯肉や噛み合わせはこうだから,Bとい
  うセラミックス。そのように選択できるのが本来の歯科医師の役割です。

7.顕微鏡下歯周治療(担当 歯科衛生士 上田)
   群馬県内でたった1人の日本顕微鏡歯科学会認定衛生士の上田さんが担当し
   ます。痛くない,精密・正確な歯周治療です。根管治療や他の治療と同様,
   治療後には録画した動画で,今日行ったことや歯周病の状態などを画像(動
   画)で説明します。※自由診療
8.静脈内鎮静法
  (担当 歯科医師,歯科麻酔医 中島慶治 東京大学病院顎口腔外科)

  インプラントや時間が長くかかる治療(主に外科治療ですが,他の治療でも大丈夫 
  です)に,通常の局所(部分)麻酔を併用したうえで,静脈内鎮静法(じょうみゃくない
   ちんせいほう)という麻酔法があります。痛みや恐怖というのは,音や匂い,時間,
  経験などからも生じます。静脈内鎮静法では,腕などの静脈から麻酔薬を注射して,
  眠ったようにする麻酔法です。目が覚めても,何も覚えていません。インプラントを初
  めてする患者さんや歯科治療にとても恐怖感をもたれている患者さんには,高い評
  価を得ています。また,全身疾患をおもちの高齢者の患者さんにも非常に有益です。
   (血圧などの全身的な管理ができるので)
   ※詳細はスタッフにお聞き下さい。
   ※静脈内鎮静法は自由診療です。

※電話でお問い合わせをされる新患の患者さんへ・・・
  治療の詳細については,電話を受けるスタッフによって,知識レベルが異なります。
  知識レベルを向上させるように,教育をしていますが,すべてのご質問に正確に答え
  るには,相当の時間と経験が必要です。ご了承ください。

  また,電話で,治療したい部位や内容を伝えられても,正確な事はわかりません。
  歯科治療は,症状や患者さんの希望から,治療する部位の診断が必要です。
  診断は,実際のお口の中の状態,お口の中の写真,レントゲン写真,(場合によって
  はCT),歯周組織検査などの”資料”を採取してからでないと,出来ないのが,当たり
  前です。保険治療だけを望まれる患者さんにでも,いらっしゃった,その日に急に治
  療を始めることは,まず,ありません。(痛みがある方は別です)
  どこの歯科医院に行かれても,写真やレントゲンをしっかり撮られ,それをきちんと診
  断に用いてくれる。(その結果を自分に提示して説明くれる)。そして,治療法や時
  )間,費用などを検討し,治療のゴールを決め,そこから治療を開始する。それが,良
  い結果をもたらす,最も大切な事です。写真もレントゲンも,”記念撮影”で撮影してい
  るわけではありません。診断のための”非常に重要な資料”なのです。
  歯は抜いたら,元に戻りません。また,削っても元に戻りません。
  当院は,みなさまの歯を守るために,”あきらめない” 歯科医院を目指しています。

*********************************************************************************
※すべての治療には適応症があります。
 どのような症例でもできるというわけにはいきません。
 必ず、医院に来ていただき、様々な資料採取をさせていただき、
 診断をしてから治療の可否について決定することになります。

*********************************************************************************

■歯科医師・スタッフを募集しています。(若干名)
  職種:歯科医師(男女不問),歯科衛生士,歯科助手(受付含)
  ご希望の方は医院にお問合わせ下さい。
   以下のサイトにご医院案内が掲載されています。
   (旧版ですが、基本的な条件は変わりません)
   ※歯科医師の方はメールにて直接,お問い合わせください。
               http://www.anest.or.jp/images_mt/iinannnai.pdf


■Clinical Microdentistry Introduction Course(CMIC)受講希望の先生方へ

  ※2017年の日程が決まりました。詳細は以下のサイトをご覧ください。
   また,2017年度の受講生を募集します。前期・後期の開催です。

  
                   http://www.japan-microdentistry.com/cat/

2016/04/28

お知らせ

4月29日(金)~5月5日(木)まで,ゴールデン・ウィークのため,休診します。
5月6日(金)より通常診療致します。

診療予約はこちらから

ご質問等お気軽にご相談下さい。