つれづれなるままに・・。

「難しいことは・・・誰がやっても難しい。」

恩師のD.A.Shanelec先生の言葉です。

この言葉の真の意味を理解するまでには,相当な時間がかかります。

最近,こんな言葉を耳にしました。

「何の仕事でも一生懸命やれば天職だと思う。」

これもまた,深い言葉です。

福沢諭吉翁の心訓に

「世の中で一番さびしい事はする仕事のない事です」

「世の中で一番楽しく立派な事は一生涯を貫く仕事を持つと云うことです」

「世の中で一番さびしい事は他人の生活をうらやむことです」

とあります。

時代が変わったら,変わるのでしょうか?

日本には日本の風土や歴史に見合った精神があると思います。

時代が変わっても,変えることができないものもあります。

 

私は,流れや,他人の考えに迎合することが大嫌いです。

大きなものに巻かれることも嫌いです。

 

私の好きな言葉は,

 

「一寸の虫にも五分の魂」

「緻密な計画,大胆な行動」

「困難でも希望のある道を行く」です。

 

1人の男ですから,信念をもって生きていきたいと思います。

 

今日,大学の同級生が見学に来ました。

何年ぶりに会ったか,わりませんが,

大学の6年間は,ずーーーっと一緒でした。

しっかり者の奥様とスタッフ一緒に来院しました。

 

同級生も,奥様も東日本大震災など,大変な苦労を乗り越えて立派に1つの家庭を支えています。

一緒に来られたスタッフも,キチンと教育が行き届いていました。

 

様々な経験をし,そこそこ歳をとってから会う同級生は,本当にいいもんです。

定期的に会いたいと思ってます。