拡大すること

肉眼でみると横の線にしかみえませんが、拡大するとNIPPONGINKOの文字の羅列であることがわかります。肉眼では不可能ですが、拡大すれば(約20倍)、Gという文字を的確に示すことも可能です。

治療においても見えないものは手の施しようがないのです。

時間をかけてやっていてもなかなか症状が良くならないことが、原因が判明することもあります。 
肉眼ではわからないような虫歯を発見できたり,根の中に挟まっているものを確実に除去できたり,歯肉に触らずに歯石がとれたり,露出した神経に気付いたり,根の中のヒビにきづいたり・・・と顕微鏡下での拡大視野で得られる情報は膨大です。

暗いトンネルに灯りをともす

当院では顕微鏡下の治療においては,必ず術後に動画による説明をしています。感動,関心をもってみていただける方も多いですが,なかなか理解していただけない方がいることも事実です。説明・理解・同意を目標としていますが,100%を求めることは不可能ですので,仕方ないと思っています。ただし,歯科治療において顕微鏡をみるということは、何が大切なことなのか、何が本当のことなのか、 誰のためなのか・・・など・・・ 歯科医療をとおして己の人生をまでも真摯に向かいあうことができることなのだと感じています。


左は歯の間にクラウンを装着した時のセメントが残っている状態です。今,この種類のセメントが多く使われていますが,残存したセメントをしっかり除去しないと,歯周病になります。

中央は,残存したセメントを除去している様子ですが,針のような器具の太さは,約0.1mmです。

右が残存セメントを除去したあとです。硬いセメントが入っていた場所の歯肉が押されて赤くなっています。