ふるさとは遠きにありて思ふもの

ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの よしやうらぶれて異土の乞食となるとても 帰るところにあるまじや ひとり都のゆふぐれに ふるさとおもひ涙ぐむ そのこころもて 遠きみやこにかへらばや 遠きみやこにかへらばや               室生犀星 注) 小景(しょうけい):心に残るちょっとした風景や光景。また、それを描いた絵や文。...